記事の書き方

【もう迷わない】ブログの書き出しに使える文章パターン5選!

 

質問者
質問者

アフィリエイトで使える記事の書き出しパターンを教えてください。

毎日頑張って記事を書いているのですが、記事の書き出しが苦手でいつも時間がかかってしまいます。

「これを真似すれば大丈夫!」といったようなパターン例を教えてください。

 

記事の書き始めの文章って本当に迷いますよね。

全体の文章のうちほんの一部であるものの、その一部で読者は記事を読むかどうかを判断するので、力が入るのは当然です。

今回の記事ではそんな悩みを解決するための「記事の書き出しパターン5選」を紹介します。このパターンに当てはめれば、迷わず記事の書き出しの文章が書けるようになります。

また、読者を惹きつける文章を書く3つのコツも紹介しています。書き出しのパターンと組み合わせることで質の高いの記事を書けるようになるので、ぜひ参考にしてください。

この記事で知れること
  • アフィリエイトで使える記事の書き出し5パターン
  • 読者を惹きつける文章を書く3つのコツ

ブログの書き出しに使える文章パターン5選

それでは早速、ブログの書き出しに使える文章パターンを5つ紹介します。同じパターンに当てはめるだけで、魅力的な書き出し文が書けるようになります。

 

パターン1:「そうそう」と共感を生む質問系

読者が「そうなんだよ!」と言いたくなってしまうのが質問系パターンです。同じ悩みを持っている読者であれば「この人私の悩みをわかっているな」と思い、記事を読んでくれます。

 

パターン2:「どういうこと?」と思わせる反語系

読者が「なに?どういうこと?」と思わせるのが反語系パターンです。当たり前と考えていたことが否定されることで、読者は一気に興味を持ってくれます。

 

パターン3:「何があったの?」と思わせるセリフ系

読者に「どうしたの?」と思わせるのがセリフ系パターンです。突然セリフから始まるので、読んだ読者は一体どうしたんだと興味を持ってくれます。

 

パターン4:「続きが読みたい」と思わせるストーリ系

読者に「続きを早く読ませて!」と思わせるのがストーリ系パターンです。他人に起きた出来事に興味がある人は多いです。読者の興味を惹きつけるのに最適なパターンです。

 

パターン5:「なんかすごい」を思わせる偉人のセリフ系

読者の感情を一気に高ぶらせるのが偉人のセリフ系です。一般人が言っても重みはありませんが、結果を残してきた偉人がいうと言葉の重みが違います。意識の高い人は特に偉人の言葉が大好きです。

 

読者を惹きつける文章を書く3つのコツ

書き出しのパターンと同時に覚えておいてほしい文章の書くときのコツがあります。

書き出しのパターンと組みわせることで、スムースに記事の本文を読んでもらえるようになるのでぜひ覚えてください。

 

1. 結論から述べる

記事を書く時は必ず結論から書くようにしましょう。

以前の職場で、私もよく上司に「まず結論から先に言え!」と報告の際に注意されていたことを思い出しますが、それと同じです。文章でもまずは結論から述べる癖をつけてください。

読者はまず結論を見てからその記事を最後まで読むかどうかを決めます。結論を読んだ時点で興味があれば読者は最後まで読んでくれますし、興味がなければ離脱します。

結論に至った理由具体例は「結論」の後に書くようにしましょう。

文章は「結論→理由→具体例」の順番で書くようにすると読者によく読まれる文章が書けるようになるのでこのパターン覚えておいてください。

 

2. 長すぎず簡潔な文章にする

1つの文章は短く簡潔な文章を書くようにしましょう。

例えば以下の文章を見てみてみてください。

・一文が長すぎるパターン

私は海外旅行が大好きよく行くのですが、中でもお気に入りはハワイのワイキキビーチで、砂浜は綺麗だし、海沿いレストランはとても美味しいので、最高にリラックスできます。

・一文が短く簡潔なパターン

私は海外旅行によく行きます。中でもお気に入りはハワイのワイキキビーチです。砂浜は綺麗で、海沿いのレストランはとても美味しく、最高にリラックスできます。

長くダラダラ続けた文章よりも、短く簡潔に区切った文章の方がわかりやすく、頭に内容が入って来やすいことがわかると思います。

文章は短く簡潔に書くということを意識してみてください。

 

3. 記事を読むメリットを伝える

記事の序文では記事を読むメリットを読者に伝えるようにしましょう。メリットとは「あなたの記事を読んで読者はどうなれるのか」ということです。

例えば、格安SIMに関して各社の料金やメリットを比較したサイトがあったとします。この場合、読者にとって「自分にぴったりの格安SIM会社が見つかる」ということがメリットになります。

このことを記事の序文で以下のようにはっきりと明示してあげます。

■この記事を読むメリットの例

この記事を読むことであなたは数ある格安SIM会社の中から、あなたの予算や行動スタイルにあったぴったりのSIMを選ぶことができます。

上記の一文を記事の序文に含めることで、読者は「これは私のために書かれた記事だ!」と認識してくれ、興味を持ってその先を読んでくれます。

ぜひ「読者にとってのメリットを書く」ということを意識してください。

 

終わりに

いかがでしたか?

今回は「ブログの書き出しに使える文章パターン5選」を紹介しました。この5つのパターンに当てはめることでもうブログの書き出しに迷うことも無くなります。

読者を惹きつける文章のコツと一緒に読者に好まれる記事をどんどん書いていってください。

以下の記事ではタイトルを作成するコツや文章を書く時のテンプレートを紹介しています。「もっと上手に文章が書きたい」と思う人は必見ですので、読んでみてください。

 

<こちらの記事もよく読まれています>

【初心者】10倍クリックされるタイトルを作る「テンプレート8選」 ブログやサイトで記事を書くとき、「タイトル」と「内容」どちらが大事だと思いますか? 「そりゃ内容でしょ!」と思われる方...