ブログ運営

【3分で解決】オウンドメディアとブログの決定的な3つの違い

 

質問者
質問者

オウンドメディアとブログの違いを教えてください!

最近よくオウンドメディアという言葉を耳にするんですが、ブログと何が違うのでしょうか?これから個人で始めるならどっちがおすすめとかありますか?

 

「オウンドメディアとブログっていったい何が違うの?」

と疑問に思ったことはありませんか?

 

  • 「私、オウンドメディアやってます!」
  • 「僕は最近ブログ初めました!」

 

と言っている人をよく聞きますが、実はその違いをよく理解できていない人もちらほら。

結論から言ってしまうと「ブログ」はオウンドメディアの1種ですが、役割や目的はそれぞれ異なります

今回の記事では実例も含めてオウンドメディアとブログの違いについて解説します。

この記事で知れること
  • オウンドメディアとブログの定義
  • オウンドメディアとブログの3つの違い
  • 個人で始める場合のおすすめについて

オウンドメディアとブログの定義

まずオウンドメディアとブログの定義について理解しましょう。実例も交えて出来るだけわかりやすく説明します。

オウンドメディアの定義

オウンドメディアとは「Ownded(所有する)」という言葉からきている通り、自社や自分で管理するメディアは全てオウンドメディアに含まれます。

例えば、

 

  • ブログ
  • フェイスブック (Facebook)
  • ツイッター (Twitter)
  • インスタグラム (Instagram)

 

は全てオウンドメディアに含まれます。

意外かもしれませんが「ブログ」もオウンドメディアの1つなのです。

ただ、一般的に「オウンドメディア」という言葉はハウツー記事や企業の商品ブランディングや売上アップを目的としたWebページの意味として使われることが多いです。

ニキビケア商品で有名なプロアクティブが運営している「ニキペディア」は企業が運営するオウンドメディアの代表例です。

<企業が運営するオウンドメディアの例>

ニキペディア:https://nikipedia.jp/

 

ブログの定義

ブログとは「Web log(ウェブログ)」の略で、もともとはWeb上に情報を記録として残すサイトのことを意味します。

ブログという言葉が一般的になったのは、2003年頃にサービスを開始した「はてなダイアリー」が始まりと言われており、はてなダイアリーをきっかけに、

 

  • ライブドアブログ
  • アメーバブログ
  • FC2ブログ

 

といった個人ブログサービスが一気に普及しました。

上記のブログサービスの例をみてもらえばわかると思いますが、「ブログ」はオウンドメディアと比較して圧倒的に個人色が強いものになります。

日本で一番アクセスがあるとい市川海老蔵さんのオフィシャルブログは「個人ブログ」の代表例です。

<個人運営ブログの例>

市川海老蔵オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/

 

オウンドメディアとブログの3つの違い

オウンドメディアとブログの定義がそれぞれ理解できたところで、次はそれぞれの違いについて理解しましょう。

オウンドメディアとブログは以下の3点で大きな違いがあります。

オウンドメディアとブログの3つの違い
  1. コンテンツ内容が違う
  2. 作る目的が違う
  3. ユーザーとの距離が違う

詳細を説明します。

 

1. コンテンツ内容が違う

オウンドメディアの内容はハウツー記事やニュースなど、ユーザーに役立つ記事を中心としたコンテンツが中心にできています。

一方、ブログの内容は海老蔵さんのブログを見てもわかる通り、個人的に日々起きたことを日記のように書いていくタイプのコンテンツです。

 

2. 作る目的が違う

オウンドメディアの目的は自社(個人)のブランディングや商品の売上を上げるためなど目的がはっきりしています。オウンドメディアを作る段階で綿密に計画されていることが多いです。

一方、ブログは自分の書きたいことを好きなように書き、不特定多数の人たちに読んで楽しんでもらうという目的があります。特に商品を売りたいわけではありません。

 

3. 読者との距離が違う

オウンドメディアの場合、読者とコミュニケーションをとる目的で作られているわけではないので、記事などのコンテンツは万人向けに書かれたものになります。

一方、ブログはより自分の意見も積極的に取り入れるなど、より個人色が強いため読者との距離も自然と近くなります。コミュニケーションを積極的に楽しむためのものです。

 

個人で始めるならオウンドメディアとブログのどっち?

これからオウンドメディア又はブログを個人で始める場合どちらが良いかという話ですが、別にどっちでもいいですというのが答えになります。

今回の説明でなんとなく理解できたと思いますが、そもそもオウンドメディアもブログも切り分けはかなり曖昧です。

個人でもオウンドメディアを作る時代でもあり、大企業でもブログをやっている会社はあります。なので、そもそも切り分け自体の意味がないので必要ないと思っています。

私もこのブログ(オウンドメディアの家)を運営していますが、最初は「オウンドメディア」を作る目的で始めたものの、いつの間にか個人色がバンバンでたブログタイプになってました(笑)。

ただ、結果それで良かったと思っています。

というのも今の時代は個人の意見をどんどん出していかないと差別化が難しくなってきており、そこらへんの情報を寄せ集めた記事では上位表示するのが難しくなっています。

広告費をいくらでも使えて、人員のリソースも自由に使える大手企業に対抗するには、あなた自身の意見をどんどん織り交ぜながらオリジナリティを出す必要があります。

予算に制限があるのは個人のデメリットですが、良い意見も悪い意見も自由に書けるのは個人の大きなメリットですので、をの点を最大限に活かすべきです。

少し話がそれましたが、オウンドメディアでもブログでも特に定義する必要はないので、悩んでいるならブログ形式でどんどん進めてしまいましょう。

修正したければあとでいくらでも出来ます。

 

情報発信を始めるならWordPress

オウンドメディアでもブログでも言えることですが、始めるならWordPressを使うことをおすすめします。

はてなブログ、アメーバブログ、ライブドアブログなどの無料ブログサービスで始めることも出来ますが、今後も長く続けていくのであればブログサービスは大きなリスクになります。

詳細は以下の記事で書いていますので、気になる方は読んでみてください。

【結論】アフィリエイトを無料ブログで始めるのはやめた方がいい アフィリエイトって無料ブログでもできますか? アフィリエイトを始めようと考えています。あまりお金かけなくないの...

 

WordPressでブログを作りたいけどやり方がわからない」という方は以下のブログで細かく手順を説明していますので参考にしてください。

【初心者】WordPressでのブログの作り方!サーバー契約、ドメイン取得、インストール方法を徹底解説 今回の記事ではWordpressでブログを始める方法をわかりやすく具体的に紹介します。「Wordpressを設定...

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は「【3分で解決】オウンドメディアとブログの決定的な3つの違い」をテーマにお話ししました。

作るのはオウンドメディアでもブログでもどちらでも構いませんが、その意味の違いは理解した上で始めることが大切です。とりあえず初めてみて、あとで調整するという方法もありです。

よく始める前に悩みすぎて身動きが取れなくなってしまう人がいますが、悩むより前にまず行動しましょう。「走りながら修正する」という気持ちを持って何事も始めるとうまくいく可能性も大幅にアップします。

 

<こちらの記事もよく読まれています>

【初心者OK】オウンドメディアで稼ぐのに持っておきたいツール4選+2 「オウンドメディアを始めたのは良いけど、時間がなかなか取れない」 と悩んでいませんか? 人は誰しも平...