WordPress

WordPressが無料で使えるおすすめサーバー5選!メリットとデメリットとは?

 

無料サーバーでおすすめなところを教えてください。

WordPressを使ってブログを始めたいと思っています。Wordpressをインストールするためにはサーバーを借りる必要があると思うのですが、中には「無料」のものがあると聞きました。

そこで無料で使えるサーバーのおすすめを教えてください。

質問者

 

今回はこの質問にたいしてお答えします。

 

有料」の印象が強いレンタルサーバーですが、実は「無料」のものを世の中にはあります。平均して月に1,000円ほどかかるサーバー代が無料になるなら「ぜひ使いたい」と思う人も多いかもしれません。

 

今回は無料で使えるレンタルサーバーを厳選して5つ紹介します。しかも、どのサーバーもWordpressを使うことが出来るので「WordPressを始めたい」という人には特におすすめです。

 

ただし、無料であるがゆえのデメリットもありますので、その辺りもきちんと理解した上で利用するようにしましょう。

 

 

WordPressでブログを開設するための準備

WordPressでブログを始めるのに「何から始めたら良いかわからない」という人のために一連の流れを簡単に説明します。

 

WordPressでブログを開設するには大きく分けて以下の3ステップが必要です。

WordPressでブログ開設するための3ステップ
  1. 独自ドメインを取得する
  2. サーバーを契約する
  3. WordPressをインストールする

 

よくわからない人のために1つずつ詳しく説明しますね。

 

ステップ1:独自ドメインを取得する

独自ドメインとは今読んでいるブログで言えば「ownedmedianoie.com」のことです。「.com」以外にも「co.jp」、「.jp」など様々なタイプのドメインがあります。

 

ドメインは1年単位でレンタルする必要があり、ブログを運営する場合は必ず必要です。

 

一部の無料レンタルサーバーではドメインも用意されているため、自分で用意する必要がない場合もあります。

 

ステップ2:サーバーを契約する

サーバーもブログやサイトを運営する場合には必ず借りる必要があります。有料・無料とありますが、有料のものでも安いものは「250円〜/月」からレンタルできます。

 

サイトが成長すればするほど強固なサーバーが必要になるので、月額の使用料金も増えていく傾向があります。

 

ちなみに本サイト「オウンドメディアの家」ではwpXサーバーを利用しています。月額1,000円ですが、サイトの表示速度、Wordpressのインストールの簡単さは圧倒的です。

 

有料を検討している方は以下の記事もご覧になってみてください。

[getpost id=”415″ title=”関連記事” ]

 

ステップ3:Wordpressをインストールする

WordPressのインストールはドメインとサーバーさえ準備できていれば無料です。やり方も決して難しくはありませんし、一度覚えてしまえば誰でも出来るようになります。

 

以上がWordpressを使うときの大まかな流れです。

 

今回の記事では2つ目の「サーバーを契約する」にスポットをあて、費用が無料のものを厳選して5つ紹介します。

 

ただし、通常有料でレンタルしなければならないものが「無料」ということは、それなりのデメリットもあります。

 

まずは無料サーバーを使う上でのメリット&デメリットを理解した上で、自分にあったものを選ぶようにしてください。

 

 

無料サーバーを利用するメリットとデメリット

ここからは無料サーバーを利用する上での「メリット」と「デメリット」を紹介します。

 

無料サーバーを使う場合のメリット2つ

無料サーバーのメリットは、

 

・サーバーの費用がかからない

・試験的な運用ができる

 

の2つが主にあげられます。

 

1. サーバーの費用がかからない

無料サーバーを利用した場合、本来支払うべきサーバーのレンタル費用がいりません。私の場合、サーバーのレンタル費用として月に1,000円ほど支払っています。

 

このサーバーを1年間借りた場合、その維持費は実に年間12,000円もの金額になるので、決してバカにできるものではありません。しかし、無料ならこの費用もかかりません。

 

2. 試験的な運用ができる

ブログを試験的に運営してみたいと思っている人にとって無料サーバーはぴったりです。

 

とりあえず無料サーバーを使ってブログを実際に作ってみて何ヶ月か運用し、様子をみてみるのもありでしょう。

 

無料サーバーでも途中から有料プランに変更することができるものもあるので、どうしても続けたくなったらプラン変更することもできます。

 

続いて無料サーバーのデメリットも見てみましょう!

 

無料サーバーを使う場合のデメリット3つ

無料サーバーのデメリットは、

 

・機能に制限がかけられている

・広告が勝手に表示されることがある

・独自ドメインが使えない会社がある

 

の3つが主にあげられます。

 

1. 機能に制限がかけられている

無料サーバーは容量が1GBほどしかないものもあります。

 

ブログを長期的に続けていく場合、写真や画像をたくさんアップロードすることになると思いますが、無料の場合はすぐにその容量に達してしまう可能性があります。

 

2. 広告が勝手に表示されることがある

無料サーバーを利用する場合、広告が勝手にブログへ表示されることがあります。

 

無料で貸し出すためにはどこかで利益を上げる必要あるので仕方のないことではありますが、自分のブログに意図しない広告が表示されるのは少し複雑な気持ちです。

 

3. 独自ドメインが使えない会社がある

サーバー会社によっては独自ドメインが利用できず、あらかじめ準備されているドメインを使わなければなりません。

 

ドメインを育てたい」と思っている人にとっては大きなデメリットです。

 

 

WordPressが使える無料レンタルサーバー5選!

無料サーバーを利用する上でのメリットとデメリットが理解できたところで、ここからはWordpresも使える無料サーバーを紹介します。

 

同じ無料サーバーでもそれぞれ特徴があるので、ご自身の用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

 

1. WordPressが運営する「Wordpress.com」

 

容量3GB
独自ドメイン不可(WordPress.comのサブドメインのみ)
広告表示あり
有料プラン400円〜/年

 

WordPressを運営しているWordPress.comが提供している無料サーバーです。容量は無料でありながらも3Gあるので、とりあえず試すには十分でしょう。

 

有料へ変更したとしても年間400円〜という破格のプランがあるので安心です。ただし、独自ドメインは使えないのでその点は注意する必要があります。

 

2. エックスサーバーが運営する「Xdomain」

 

容量2GB
独自ドメイン5個まで
広告表示スマホ及びタブレットのみ(パソコンからは表示無し)
有料プラン1,000円〜/月

 

 

レンタルサーバー会社として有名な「エックスサーバー」が運営する無料サーバーです。

 

無料でも独自ドメインを5つまで設定できるのは嬉しいですね。有料プランは1,000円〜/月と少し高めですが、サーバーの速さと安定度には定評があります。

 

広告もパソコンからは表示されないといった特徴があります。

 

3. 独自ドメインが10個まで設定できる「XREA」

 

容量1G
独自ドメイン10個まで
広告表示有り
有料プラン191円〜/月

 

無料でありながら独自ドメインを10個まで登録できる驚きのサーバーです。独自ドメインで複数サイトを運営したい人にぴったりです。

 

有料プランでも191円からなので、レンタルサーバーの中ではお手頃です。

 

4. WordPressが標準搭載されている「SiteMix」

 

容量1.5G
独自ドメイン利用可能
広告表示有り
有料プラン162円〜/月

 

無料プランでも容量が1.5Gまで使え、WordPressも標準搭載されていることから手軽にブログを開設できます。

 

独自ドメインにも対応しており、セキュリティもしっかりしているので、初めて試す方でも安心です。有料プランも月々わずか162円からとお手軽です。

 

5. メール登録のみで利用できる「未来サーバー」

 

容量無制限
独自ドメイン不可
広告表示無し
有料プラン無し

 

容量無制限、広告表示も無しという無料とは思えないサービスの充実ぶりです。SEO分析ツールの販売なども行なっているようですので、そちらで収益化をしているのだと思われます。

 

ただし、独自ドメインは使えないため、ドメインを成長させてサイトを大きくしていきたい人にはあまり向きません。

 

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「WordPressが無料で使えるおすすめサーバー5選」をテーマにお話ししました。本来お金を支払うべきものが「無料」ということは、それなりのデメリットも必ずあります。

 

今回紹介した無料のサーバーも一時的、もしくは試験的に使うのであれば全く問題ないのですが、長期的にみた場合はあまりおすすめできません。

 

これから長い時間をかけてブログを運営していきたいというのであれば、ぜひ無料ではなく有料のものを検討してみてください。

 

<こちらの記事もよく読まれています>
[getpost id=”1713″ title=”人気記事” ][getpost id=”1345″ title=”人気記事” ][getpost id=”268″ title=”人気記事” ]