WordPress

WordPressでサイトマップを送信する方法【プラグインで解決】

質問者
質問者
WordPressでサイトマップを自動送信できるようにしたいのでおすすめの方法を教えてください。

WordPressでブログやホームページを開設したら必ずやって欲しいことの1つに「サイトマップの送信」があります。

サイトマップを送信しておかないと、

  • Googleの検索エンジンに登録されにくい
  • ユーザーにとってコンテンツの内容がわかりにくい

といったようにデメリットだらけです。

今回の記事ではWordPressの定番プラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを自動更新する方法を紹介します。

Mino
Mino
10分もあれば終わるのでチャチャっとやってしまいましょう!

WordPressでサイトマップを送信する理由

サイトマップとはWebサイトのどこに何があるのか、全体図をわかりやすく一覧化したものです。

サイトマップを送信する理由は主に、

Googleの検索エンジンの回遊性を上げる

ユーザーが目的のページを見つけやすくする

の2点があげられます。

特に大事なのは①の「検索エンジンの回遊率を上げる」ことで、この設定を正しくしておかないとせっかく書いた記事がなかなかGoogleの検索エンジンに認識されない可能性があります。

せっかく時間をかけて一生懸命記事を書いたにもかかわらず、検索結果に表示されないなんてあまりに悲しいですよね。

Mino
Mino

ブログやホームページを開設したら必ずサイトマップの設定をしましょう!

Google XML Sitemapsとは

サイトマップは手動でも送信できますが、WordPressを使うならプラグインの「Google XML Sitemaps」を使うと便利です。

Google XML Sitemapsを使えば、

Googleにクロール(認識)して欲しいページを指定できる

新たな記事をいち早くGoogleにクロール(認識)してもられる

自動でサイトマップを送信してくれる

といったたくさんのメリットがあります。

しかもプラグインを使うので難しい知識は一切必要なく、プラグインをインストール→設定するだけで簡単に使えるようになります。

Mino
Mino
手順通りにやれば誰でもできるので、必ずやっておきましょう!

Google XML Sitemapsの使い方

Google XML Sitemapsの使い方は、

  1. プラグインをインストール
  2. 詳細を設定

の2ステップです。

1. プラグインをインストール

プラグイン「Google XML Sitemaps」を検索してインストールしてから「有効化」してください。

似た名前のプラグインが候補ででてくるので間違いないように注意してください。

2. Google XML Sitemapsの詳細を設定

続いて詳細を設定していきます。いろいろと設定項目はありますが、とりあえず初めの段階では下記の通りに設定していけばOKです。

上記の画像の通りにチェックマークを入れていきます。

優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

サイトマップを送信するページの種類を選択します。画像または以下の内容の通りにチェックマークを入れましょう。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

インデックスしたくないカテゴリーがあればチェックマークを入れます。また、個別で除外したい記事がある場合は個別記事IDをカンマ区切りで入力します。

特に設定する必要がない場合はチェックも入力もする必要はありません。

各ページの更新頻度を設定します。画像または以下の表を参考にしてください。

ホームページ毎日
投稿(個別記事)毎日
固定ページ毎週
カテゴリー別毎日
今月のアーカイブ更新なし
古いアーカイブ毎年
タグページ毎日
投稿者ページ毎週

優先順位の設定を「0.0〜1.0」の範囲で行います。数値が1.0に近づくほど優先度が高くなります。とりあえずは画像または以下の表の通りに入力すればOKです。

ホームページ0.8
投稿(個別記事)0.8
投稿優先度の最小値0.8
固定ページ0.3
カテゴリー別0.8
アーカイブ別0.3
タグページ0.8
投稿者ページ0.3

ここまで入力したら最後に保存して終了です。

Mino
Mino
以上で「Google XML Sitemaps」の設定は完了です。続いてサーチコンソールの設定をします。

Googleサーチコンソールでサイトマップを追加

サイトマップを送信するにはGoogleサーチコンソール側での設定も必要です。

Google XML Sitemapsでは発信する(Webサイト)側の設定を行いましたが、受け取る(Google)側での設定も必要です。

サーチコンソールの設定手順は以下の通り。

  1. 「サイトマップ」をクリック
  2. 「sitemap.xml」を入力
  3. 「送信」をクリック

送信完了の画面がでたらサーチコンソールの設定は完了です。

Mino
Mino
これでWebサイトのサイトマップが自動で送信される設定が完了しました。あとは記事を積み上げていくだけです!

まとめ

今回の記事では「WordPressでサイトマップを送信する方法」を解説しました。

最後にもう一度流れを確認しておいてください。

  1. プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストール
  2. Google XML Sitemapsの詳細を設定
  3. Googleサーチコンソールを設定

設定は早ければ早い方が良いのですぐに実践してみてくださいね。その他の便利なプラグインは以下の記事で紹介しています。

【おすすめ】WordPressでブログ開設したら必ずインストールしたいプラグイン11選+1

Mino
Mino
準備が整ったらどんどんコンテンツを追加していきましょう!