お役立ちプラグイン

【初心者】WordPressで簡単に目次が作れるプラグイン「Table of Contents Plus」

 

Mino
Mino

記事の最初の部分に「目次」を作りたいのですが、何か良いプラグインがあれば教えてください。

 

今回の記事では簡単に目次を追加できるプラグイン「Table of Contents Plus」を紹介します。

 

見出しのカラーや表示箇所も調整できるのでかなり便利です。

 

WordPressで簡単に目次が作れるプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方

1. プラグインから「新規追加」をクリック

 

まずはワードプレスにログインし、ダッシュボードに移動します。

 

プラグイン新規追加」の順にクリックします。

 

2. プラグインを検索しインストール

 

プラグイン検索画面に移動したら、「Table of Contents Plus」を入力して検索します。

 

今すぐインストール」をクリックして、インストールを開始します。

 

※一文字でも違うと検索結果に出てこない場合があるので注意してください

 

3. 「有効化」をクリック

 

インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックします。

 

4. プラグインから「TOC+」をクリック

 

インストール完了後、ダッシュボードのメニューから「設定→TOC+」の順番にクリックします。

 

5. 詳細設定を「確認&保存」

 

赤枠で囲った箇所の詳細設定を確認します。

 

基本的に好みで設定しても問題ありませんが、よくわからない場合はとりあえず画像の通りに設定してもらえれば大丈夫です。

 

 

 

プレゼンテーション」の中から好みのカラーを選んでください。特に好みがなければデフォルトのグレーで問題ありません。

 

カラーを選択したら最後に「設定を更新」をクリックしてください。

 

6. 設定後の表示を確認

 

設定を更新したら最後に表示を確認してください。記事の前半部分に以下のように目次が正しく挿入されて入れば完了です。

 

以上で「Table of Contents Plus」の設定方法は終了です。

 

記事に「目次」をつける3つのメリット

 

本来であれば記事に目次をつけなくても問題はありませんが、私の考えでは目次は必ずつけた方が良いと考えています。

 

その理由は以下の通り。

 

目次をつけて得られるメリット3つ
  1. 記事の全体像を一目で把握できる
  2. 読みたい部分へ1クリックで移動できる
  3. SEO効果が期待できる

 

1つずつ詳細を説明します。

 

1. 記事の全体像を一目で把握できる

記事の冒頭部分に目次があると、訪問した読者は記事内容の全体像を把握できます。

 

本は目次から読め」という話を聞いたことはありませんか?

 

それは、目次を見て本に書かれている内容を把握できれば、「探している答えが書かれているかどうか」をすぐに判断できるからです。

 

ブログの記事も同じで、読者は出来るだけ早く答えが欲しいと思っています。

 

記事の冒頭部分の目次をみて、自分の探している答えが記事にあるなら中身もじっくりと読んでくれます。

 

もちろん記事から早々に離脱されてしまう可能性もあるわけですが、読者の利便性を考えれば必ず目次は挿入すべきですし、足りない情報は追加すればいいのです。

 

2. 読みたい部分へ1クリックで移動できる

目次にはリンクが自動挿入されるので、クリックすれば該当の見出しに一気に移動することができます。

 

ブログに訪れた読者が目次をみて、探していた答えがありそうな見出しをクリックして、情報までたどり着くことができれば便利だと思いませんか?

 

記事の文字数は平均して2,000〜3,000文字程度です。読者の中にはその中の一部だけを読みたい人もいます。

 

記事を隅々まで読んで自分の求めている答えを探すよりも、目次をみて必要な部分だけを読む方がよっぽど効率が良いことは明らかです。

 

記事は自分のためではなく、ブログを訪れる読者のために書くものです。ブログに読みに来てくれた読者の利便性を一番に考えることはとても大切です。

 

3. SEO効果が期待できる

目次を挿入することでSEOの効果も期待できます。

 

Googleは読者にとって役立つブログやサイトを上位表示させます。記事の内容(コンテンツ)が大事なのはもちろんですが、「読みやすい作りになっているか」ということも重要です。

 

  1. 目次があって読みやすい
  2. 読者が他の記事も読んでみたいと感じる
  3. ブログやサイトの滞在時間が増えて検索順位が上がる

 

といったように読者に対する利便性が高まることで、結果的にSEO効果が見込めるようになります。

 

「読者の利便性が高まる = Google検索順位が上がる可能性」

 

ですので、目次は必ず含めるべきなのです。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は目次を作るのに便利なプラグイン「Table of Contents Plus」を紹介しました。

 

  • 「Table of Contents Plus」の使い方
  • 目次を挿入することで得られるメリット

 

を理解いただけたと思います。

 

プラグインは一度設定してしまえば、記事を更新する度に自動で目次が挿入されるので、すぐにでも設定しておくことをおすすめします。

 

Mino
Mino

その他にも便利なプラグインはたくさんあるので、興味のある方は以下の記事参考にしてみてください。

 

【おすすめ】WordPressでブログ開設したら必ずインストールしたいプラグイン11選+1 ワードプレスを導入したらまず初めにやりたいことがプラグインのインストールです。 プラグインはワード...
30分でサクッとLPを作成!WordPress専用プラグイン「Danganページビルダー」 私はWordPressを使って3ブログを運営していますが、ランディングページ(LP)を作るのに驚くほど簡単な方法...