アフィリエイト

【保存版】10倍クリックされるタイトルのつけ方テクニック10選!

 

クリックされる記事タイトルのつけ方のコツを教えてください。
ブログを開設して毎日記事を書いているのですが、魅力的なタイトルのつけ方がいまいちわかりません。何かコツのようなものがあれば教えてください。
質問者

 

あなたもブログを運営していて、

 

  • クリックされる魅力的な記事タイトルをつけたい!
  • SNSで作成した記事をバズらせたい!
  • サイトの回遊率をもっと上げたい!

 

と思ったことはありませんか?

 

一見シンプルに見える記事のタイトルですが、その短い文の中には様々なテクニックが詰まっています

 

もしあなたが「記事のタイトルぐらいなんでもいいでしょ」と軽く考えているのなら、今すぐその考えを改め直してください。記事のタイトルを変えるだけでもクリック率は劇的に改善されます。

 

今回の記事では今までよりも今より10倍クリックされる記事タイトルの付け方をお教えします。この記事を読むことであなたも読者を一瞬で惹きつける魅力的なタイトルを作れるようになります。

 

この法則さえきちんと理解すれば、10倍どころか、100倍以上の読者に読んでもらえる可能性もありますので、しっかりと読んで実践してみてください。

 

10倍クリックされるタイトルのつけ方テクニック10選!

それでは早速、記事タイトルを作成する上で知っておくべきテクニックを10個を紹介します。この内容を理解するだけで人を惹きつけるキャッチーなタイトルが作れるようになります。

 

1. 誰にでも100%明確に伝わるタイトルにする

多くの人に記事を読んでもらうには、記事のタイトルをみた瞬間に「どんな内容が書かれているか」ということを理解してもらう必要があります。

 

そのためには100人タイトルを見たとしたら、100人とも同じ解釈をできるものでなければなりません。例えば「パソコン」という言葉を聞いた時にあなたはどんなイメージを持つでしょうか?

 

家で使用するタイプの「デスクトップ型パソコン」を想像する方もいるでしょうし、持ち運びに便利な「ノート型パソコン」をイメージする人もいるかもしれません。

 

100人いたら、100人それぞれが違う解釈をする可能性があります。

 

これを「重さ1kg以下のノートパソコン」と表現したらどうでしょうか?誰にでも軽量で持ち運びができる小さめのパソコンであることがすんなり頭の中にイメージできたと思います。

 

このようにタイトルにはわかりやすい言葉を含めるほどヒットしやすくなるのです。

 

2. 小学生でもわかる簡単な表現を使う

ジャンルとターゲットを絞った「特化型サイト」を運営していると、専門的な知識を伝えるためについつい難しい専門用語を並べてしまうことがあります。

 

この方法は確かに「この人はすごい人なんだ」と思わせるには有効かもしれません。しかし、すごい人が書いた記事だからといって他人が読みたいとは限らないのです。

 

サルワカ」と呼ばれるサイトがあり、そのサイトではWebデザインをするためのCSSやHTMLの知識を誰でもわかるように噛み砕いて説明しています。

 

当然、運営はWebデザインのプロがやっているのですが、そのわかりやすさゆえ、月間300万人以上の人たちが利用しているそうです。

 

これをもし専門用語だらけの小難しいサイトにしていたら、ここまでのヒットはなかったでしょう。誰でもわかるように書くことはサイトを大きく成長させる上でも非常に大切です。

 

3. タイトルで読む人のハードルを下げる

悩みを解決する記事を読者のために書いても、「どうせ私には難しくて出来ないだろうな」と思われては読んでくれません。

 

そこでタイトルに「誰でも出来ますよ」といったメッセージを含めてあげると読者のハードルが一気に下がります。

 

例えば以下の例を見てください。

参考例

A:旅行で使える英会話フレーズ30選
B:誰でも簡単!旅行先で使える英会話フレーズ30選

 

AとBのタイトルを見た時、どっちを読みたいを思いましたか?おそらく多くの人が「B」のタイトルに目が惹かれたのではないかと思います。

 

Bには「誰でも簡単!」というフレーズをタイトルに含めることで、読み手のもつ難しいイメージを取り除いているのです。

 

4. タイトルの文字数は30文字前後がベスト

タイトルを作る上で疑問をもつ人が多いのが適切な文字数についてです。タイトルの文字数については色々と意見はありますが、一般的には30文字前後が良いと言われています。

 

その理由は、

 

  • グーグルの検索結果に表示されるタイトルの文字数が最大30文字
  • 人間が3秒以内に読める文字数の限界が30文字

であるからです。

 

グーグルの検索結果で30文字以上のタイトルは「」と省略されてしまいます。

 

また、読むのに3秒以上かかるタイトルの長さでは「長すぎて読みたくない」という心理も働きやすいため、30文字前後の長さがちょうど良いと言われています。

 

5. タイトルの最初の9文字以内にキーワードを置く

上記でも説明しましたが、人間の読める文字数の限界は3秒で30文字です。

 

読者は最初の1秒(10文字以内)でそのタイトルを最後まで読むかどうかを判断します。要するに、タイトルの始めから10文字以内にキーワードを入れる必要があります。

 

ハワイ」というキーワードを元に考えて見ましょう。

参考例

A:旅好き女子が何度もリピートしてしまうパワースポット!その行き先はハワイ
B:ハワイでパワースポット?旅好き女子が何度もリピートしてしまうスポット5選

 

実際に読んで見るとわかると思いますが「A」の場合、最後まで読まないとハワイというキーワードがでてきません。ハワイの情報を探している人にとっては「この記事は私が探しているものではない」と判断されてしまうかもしれません。

 

一方「B」の場合、「ハワイ」のキーワードが読み始めてすぐにでてきます。結果、読者は「この記事は私の探している記事かも」と判断し、クリックしてくれる可能性が高くなります

 

6. タイトルは出来るだけ多くの要素を含めて濃くする

タイトルの文字数は30文字前後がベストですので、その文字数の範囲内で出来るだけ読者に多くの情報をアピールする必要があります。

 

読者にそのタイトルを見てもらい「この記事読んで見たい!」と思わせる必要があるのです。そのため余計な情報は削ぎ落とし、必要な情報を盛り込んで、タイトルを濃くする必要があります。

 

例えば以下のタイトルを読んで見てください。

 

修正前

旅行が好きな女性は絶対に外せない!景色が綺麗な世界のおすすめパワースポット10選!

 

言いたいことはわかりますが、文字数も多くあまりスッキリとしない印象です。

 

修正後

【絶景】旅好き女子必見!世界のおすすめパワースポット10選

 

今度はどうでしょうか?言いたいことが凝縮されて、だいぶスッキリとした印象です。以下のように言葉を凝縮してシンプルにしました。

 

  • 「旅行が好きな女子」 → 「旅好き女子」
  • 「絶対に外せない」 → 「必見」
  • 「景色が綺麗」 → 「絶景」

 

短いタイトルの中にだいぶ要素が詰め込まれたイメージを持てたと思います。ぜひ色々と試して見てください。

 

7. ひらがな、カタカナ、漢字を組み合わせて読みやすくする

まず以下の2つの例を見てください。

 

  • せかいのおすすめぱわーすぽっと (ひらがなのみ)
  • ノマドワーカーオススメカフェ (カタカナのみ)

少し極端な例ではありますが、どちらも読みにくいと思います。上記と同様、漢字だけでも非常に読みにくくなります。

 

これを下記のように修正するとだいぶ読みやすくなります。

 

  • 世界のおすすめパワースポット
  • ノマドワーカーがおすすめするカフェ

 

このように適度なバランスで漢字、ひらがな、カタカナを使いこなすことにより、視覚的にわかりやすいタイトルが作れるようになります

 

8. 同じ言葉の重複は避ける

タイトルの中で同じ言葉は使わないようにしましょう。同じ言葉をなんども使っていると文字数の無駄になるだけでなく、読み手にも幼稚な印象を与えてしまいます。

 

参考例

A:旅行好き必見!旅行がもっと楽しくなる持ち物5選!
B:好き必見!旅行がもっとワクワクする持ち物5選!

 

「旅行好き」→「旅好き」に変更することで言葉の重複を避けました。このようにわずかに言葉を変えるだけでもタイトルの印象は全く変わってきます。

 

これはタイトルだけに言えることではなく、記事の本文を書く時にも同じことが言えます。「そんなに語彙力がない」という方も安心してください。

 

類語辞典を使えば言葉のボキャブラリーがあまりなくても自動で候補を出してくれます。私は普段から以下の類語辞典を頻繁に利用しています。

 

<類語辞典>
https://thesaurus.weblio.jp/

 

積極的に使ってどんどん語彙力を増やしていきましょう。

 

9. ビックリマーク「!」は1回まで

以下のタイトルを見てください。

 

参考例

必見!!!!世界のおすすめ絶景スポット10選!!!!

 

このようなタイトルを見た時、あなたならこの記事を読みたいと思うでしょうか?あまりに「!」マークを多用すると素人感が強く読みにくいため、読者はあまりクリックしたいと感じません。

 

あなたが本当におすすめしたい気持ちは理解できますが、タイトルでの感嘆符「!」の使用は1回までにしましょう。

 

10. 記号や顔文字は使わない

「♫」「♡」「(*´∀`)♪」などの記号や文字の使用も逆効果です。タイトルの文字数は多くても30文字程度が理想です。その大切な文字数を削ってまで記号や顔文字を利用する意味はありません。

 

あなたが何か調べものをしていてサイトを検索している時、このような顔文字を使っているサイトを見たことがあるでしょうか?

 

芸能人の日記などであれば顔文字を使用することも親近感を持たせる意味で効果はあるでしょう。しかし、専門的な分野でサイトを運営している場合、記号や顔文字は信頼性を損なう恐れがあります。

 

使用する場合は自分の立場、読者へのメッセージを考慮した上で使い分けるようにしましょう。

 

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「10倍クリックされるタイトルのつけ方テクニック10選!」をテーマにお話しました。

 

タイトルは限られた文字数で大切なメッセージを届ける重要な役割を持っています。記事の内容の質を上げることはもちろんですが、タイトルに魅力がなければ読者はクリックしてくれません。

 

クリックされなければ、せっかくの良い記事も読んでもらえません。

 

そうならないためにも今回紹介した10個のテクニックを活かし、魅力的なタイトルを作成できるように練習して見てください。

 

より実践的なテンプレートを使ったタイトル作成は以下の記事で紹介しています。こちらの記事内のテンプレートを使えば誰でも簡単に魅力的なタイトルが作れようになるので参考にしてください。

 

[getpost id=”633″ title=”人気記事!”]

 

 

<こちらの記事もよく読まれています>
[getpost id=”2316″ title=”人気記事” ][getpost id=”2280″ title=”人気記事” ][getpost id=”2148″ title=”人気記事” ]