WordPress

【ConoHaサーバーの使い方】WordPressのインストール手順

質問者
質問者
ブロガー業界で話題のConoHaサーバーでWordPressをインストールする方法を教えてください!

近頃急速に利用者を伸ばしているConoHaサーバーブロガー界の有名人であるヒトデさんやマクリンさんもおすすめする今話題のレンタルサーバーです

ConoHa WINGの特徴を簡単にまとめると以下の通り。

  • WordPressのインストールが簡単
  • 利用料金が安い (800円/月〜)
  • サーバーの速度は日本最速
  • 独自ドメインの料金が無料

中でも私が一番感動したのがWordPressをインストールするまでの手順の簡単さです。管理画面も見やすくてわかりやすく、

Mino
Mino
これならWordPress初心者でも迷わずブログを始めることができる!

と実際に使っていて強く感じます。

今回の記事ではConoHa WINGを使ってWordPressをインストールする方法を解説します。

【ConoHaサーバーの使い方】WordPressのインストールする2つの方法

ConoHaサーバーでは以下の2つの方法でWordPressをインストールすることができます。

サーバー契約と同時にWordPressをインストール

ConoHaの管理画面からWordPressをインストール

まずは簡単なサーバー契約ど同時にWordPressをインストールする方法を紹介します。

ConoHaサーバー契約と同時にWordPressをインストールする方法

まずはConohaサーバーのトップ画面に移動し、「今すぐお申し込み」をクリックします。

「初めてご利用の方」に任意のメールアドレス、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

次にプランを選びます。ベーシック、スタンダード、プレミアムの3種類ありますが、個人でブログを運営する程度であれば「ベーシック」で十分です。

期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の5種類から選択できますが、基本は「12ヶ月」で良いと思います。

契約期間が長ければ長いほど月々の料金が安くなります。12ヶ月の期間を選択した場合は「900円/月」の料金になります。

初期ドメイン、サーバー名は好きな名前を入力すればOKです。

WordPressで使用するサイトの情報を入力します。以下の表を参考にしてください。

作成サイト名任意のものを入力 (後ほど変更可能)
作成サイト用新規ドメイン「otameshi.com」など好きなドメインを入力し「検索」をクリック。使用者がいなければそのままドメインを取得できます。
WordPressユーザー名任意のものを入力
※WordPressログインの際に使うので忘れないようにメモ
WordPressパスワード任意のものを入力
※WordPressログインの際に使うので忘れないようにメモ

「WordPressテーマ」では好きなテーマを同時に購入したり無料インストールできます。希望のものがある場合は一緒に購入すると割引が受けられます。

特になければノーチェックでOKです。

WordPressの情報入力まで完了したら「次へ」をクリックします。

個人情報をすべて入力したら、画面右側の「次へ」をクリックします。

次に本人確認を行います。SMS認証、電話認証の2つの方法から選べますがSMS認証が一般的かと思います。ここではSMS認証を行います

ご自身の電話番号を入力して「SMS認証」をクリックします。

SMSで4桁の認証コードが送られてくるので、入力して「送信」をクリックします。

続いて料金の支払い方法を選択します。おすすめはクレジットカードでの支払いです。契約更新の際の支払い忘れのリスクが減ります。

支払い情報を入力したら「次へ」をクリックします。

支払いが正常に完了しこのような管理画面がでてきたらひとまず完了です。

管理画面の「サイト管理」をクリックし、先ほど取得したドメインでWordPressがインストールされていれば成功です。

Mino
Mino
お疲れ様でした!これでサーバー契約ど同時にWordPressを無事にインストールすることができました。

ConoHaサーバーの管理画面からWordPressをインストールする方法

次に管理画面から直接WordPressをインストールする方法を解説します。

  • サブドメインにWordPressサイトを追加で作る
  • 既存のWordPressをインストールし直す

といった場合に使うこともあると思うので覚えておいてください。

管理画面からの手順は以下の通り。

  1. 「サイト管理」をクリック
  2. ドメインが選択されていることを確認
  3. 「アプリケーション」をクリック

複数ドメインを取得していて、②のドメインが変更したいものと異なる場合は「切り替え」をクリックしてドメインを選択し直してください。

WordPressのインストールに必要な情報を入力します。以下の表を参考にしてください。

アプリケーション今回はWordPressを選択
インストール方法新規インストールを選択
バージョン基本は最新バージョンを選択
URL空白の場合はドメイン直下にインストール。サブドメインにインストールしたい場合は任意のフォルダ名を入力。よくわからない場合は「空白」にしておきましょう。
サイト名任意のものを入力 (後ほど変更可能)
メールアドレス任意のメールアドレスを入力
ユーザー名任意のものを入力
※WordPressログインの際に使うので忘れないようにメモ
パスワード任意のものを入力
※WordPressログインの際に使うので忘れないようにメモ
データベース任意のものでOK。デフォルトですでに入力されているのでそのままでも大丈夫です。よくわからない場合はデフォルトのままにしましょう。
コントロールパネルプラグイン基本は「インストールする」にチェック
自動キャッシュクリアプラグイン基本は「インストールする」にチェック

すべての情報を入力したら「保存」をクリックします。

インストールが完了してWordPressサイトが追加されていれば成功です。クリックすると作成したWordPressサイトの詳細を確認できます

Mino
Mino
最初は操作が少し複雑に感じるかもしれませんが、一度やると次からは数分でできるようになります!

まとめ

今回の記事ではConoHaサーバーでWordPressをインストールする2つの方法を紹介しました。

私は今までロリポップやエックスサーバーなど5つ以上のサーバーを使ってきましたが、ConoHaサーバーがダントツでわかりやすいです。

もしまだサーバーを迷っている人がいるのならぜひConoHaサーバーを使ってみてください。

サーバーの設定を終えたら次は必要なプラグインを導入しましょう。サイトをもっとお洒落にしたい人はWordPressテーマの購入も検討してみてください。

プラグイン、WordPressテーマは以下の記事で紹介しています。

Mino
Mino
WordPressのインストールが完了したら、あとはどんどん記事を書いていきましょう!