アフィリエイト

【初心者】WordPressの「固定ページ」を使ってランディングページを作る方法

 

質問者
質問者

WordPressの「固定ページ」を使ってランディングページを作る方法を教えてください。

今回の記事ではWordPressの「固定ページ」を使ってランディングページを作る方法を紹介します。

やり方は通常の記事を投稿する方法とほとんど変わりませんが、記事を投稿する「投稿ページ」とは用途が異なるためその違いも説明します。

また、専用テーマを使って「成約率の高いページ」を作る方法も紹介しているので最後まで読んでみてください。

この記事で知れること
  • 固定ページを使ってランディングページを作る方法
  • 専用テーマを使って短期間で売上を上げる方法

“固定ページ”を使ってランディングページを作る方法

WordPressの固定ページを使ってランディングページを作る方法を紹介します。固定ページを作る前にまずは固定ページ、投稿ページの違いを理解しましょう。

 

“固定ページ”と“投稿ページ”の違い

まず「固定ページ」では主に以下の情報を載せるのに使います。

見ていただくとわかる通り、基本的に変更の少ない情報を載せるために使います。

反対に「投稿ページ」では以下の情報を載せるのに使います。

WordPressを普段使っている人なら馴染みがあると思いますが、記事などの常に更新されるような情報を載せるのに使います。

「投稿ページ」で書いた記事は古いものはどんどん埋もれていってしまうので、自己紹介や問い合わせページを書くにはあまり適していません。

ランディングページは商品を販売したり、メルマガの読者を集めたりする場合に使うことが多いので、「固定ページ」を使うことが適しています

固定ページ = 変更の少ない情報を載せる

投稿ページ = 頻繁に更新される情報を載せる

次に実際の画面で固定ページを使ってランディングページを準備して見ましょう。

 

“固定ページ”を使ってランディングページを作る方法

Mino
Mino

とても簡単なのでサクッと説明しますね。

 

1. 「固定ページ」をクリック

WordPressのダッシュボード画面から「固定ページ」をクリックします。

 

2. 「新規追加」をクリック

新規追加」をクリックします。

 

3. 各内容を入力

タイトル、文章を入力したら「公開」をクリックします。

 

4. 固定ページのURLを確認

ページを公開すると正式にページのURLが作成されるので、そのURLを固定ページのURLとして使います。

 

5. 余計な表示は全て非表示にする

上記の表示はテーマによっても違うので必ずしも同じ項目が表示されている訳ではありませんが、SNSボタンや広告は全て「非表示」に設定します。

ランディングページ(固定ページ)では「本来の目的」以外のものを一切表示させずに成約率を上げることが大事です。

広告などが表示されているとそちらがクリックされせっかくの成約を逃してしまう可能性があります。

以上で固定ページ及びランディングページの作成は完了です。あとは文章や画像を追加して通常の記事と同じようにページを作って行き、固定ページに読者を誘導するだけです

 

売上を短期間で上げたい人は専用テーマがおすすめ

固定ページで作るだけではいまいちインパクトが足りない。もっとデザインの綺麗なランディングページを作って成約率をあげたいという人もいるでしょう。

そのような人はランディングページ専用の「WordPressテーマ」を検討することをおすすめします。

私も使っている専用テーマ「Colorful(カラフル)」はパズル感覚で画像や文章を入れていくだけで綺麗なランディングページが作成できるのでおすすめです。

価格は有料で「8,760円」です

人によっては「高い」と感じる方もいるかもしれませんが、もっと成約率を高めて売り上げをあげたいと思っているのであれば必要経費です。

ランディングページの制作を外部に依頼した場合は安く見積もっても10万円以上かかります。それを10分の1以下の値段で作れるのであれば費用対効果は抜群です。

しかもテーマは一度購入してしまえば何回でも使えます。商品販売、メルマガの読者集め、問い合わせページなど複数回使いたい人にはかなりお得です。

デザインもプロ並みに綺麗なページが作れるので興味のある人は一度検討してみてください。

→簡単操作でプロ並みのデザイン「Colorful」の詳細はこちら

 

同じWordPressで2つのテーマを使う方法

Colorful(カラフル)」のような専門テーマを使う時に困るのが、今使っているテーマとの共存です。

実は「Multiple Themes」を使うことで簡単に解決することが出来ます

Multiple Themes」は操作方法も比較的簡単で、1つのWordPressで2つ以上のテーマを同時に使うことが出来るようになります。

このプラグインを使えば、普段の記事はいつも使っているテーマで書き、メルマガの読者募集で使うページにだけ「Colorful(カラフル)」を利用することも出来ます。

同じWordPressで使えればドメインを分ける必要もないので、ドメイン代の節約にもなります。

詳しい使い方については以下の記事で紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

【超便利】1つのワードプレスで複数テーマを使えるプラグイン「Multiple Themes」 「1つのサイト内で複数のテーマを同時に使いたい!」と思ったことはありませんか? 実は「Multip...

 

成約率を上げたいならランディングページを作るべき

商品の販売、メルマガの読者獲得など目的はなんでも構いませんが、成約率を上げたいのならランディングページは必ず準備すべきです。

以前はHTMLやCSSといったデザインの知識が必須でしたが、今は誰でもWordPressを使って簡単にページを作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

Mino
Mino

成約率の高さの違いに驚くと思いますよ!

 

<こちらの記事もよく読まれています>

【決定版】アフィリエイトにおすすめのワードプレス有料テーマ8選! 「記事をいくら書いてもPV(ページビュー)数がなかなか伸びない」とお悩みではありませんか? ...