おすすめテーマ

アフィリエイトに特化したWordPressテーマ「Diver」をの魅力を徹底解説!

 

質問者
質問者

話題のWordpressテーマ「Diver」について教えてください!

WordPressでブログを運営しているのですが、最近アフィリエイターの間で話題の「Diver(ダイバー)」というテーマが気になっています。

月間報酬100万円越えのスーパーアフィリエイターも御用達と聞きましたが、実際にその機能はどんな感じなのでしょうか?

 

「月収100万円超えのアフィリエイターはどんなテーマを使っているんだろう?」

 

と考えたことはありませんか?

実は今回紹介する、アフィリエイト専用のテーマ「Diver(ダイバー)」は発売以来アフィリエイターの間で「これはやばい」と話題騒然となっています。

実際に私もアフィリエイトサイトで使い始めて3ヶ月経ちますが、順調にPV(ページビュー)、アフィリエイト報酬ともに右肩上がりに伸びています

 

もし、あなたが、

 

  • アフィリエイト報酬をもっと増やしたい
  • PV(ページビュー)数をもっと上げたい
  • 綺麗なデザインのサイトを作りたい
  • 読者が読みやすい記事を作成したい
  • SNSで拡散されやすい記事を作成したい

 

と悩んでいるのであれば、1度「Diver(ダイバー)」を使ってみることをおすすめします。

 

以前は私も同じように悩んでいた

実は、以前の私は同じように悩んでいました。

実際、私も「ブログでガンガン稼いでやる!」と意気込んで始めたのは良いものの、およそ6ヶ月の間報酬は一切無し

記事を50記事以上書いてもPV数は月200PVぐらいだし、アフィリエイト報酬もまったく発生しない。

「やっぱりブログで稼げるなんて嘘なんだ」

とがっくりと肩を落としていました。

そんな時、「アフィリエイターの間でめちゃくちゃ話題になっているテーマがある」という話をブログ仲間から聞き、わらをもすがる気持ちで調べてみたのです。

その話題のテーマが「Diver(ダイバー)」でした。

テーマ変えたぐらいでアクセス数は本当に変わるの?」と半信半疑ながらも実際に使ってみたところ、変更した1ヶ月後にアクセス数は約3倍にまで増えました。

アフィリエイト報酬もポツポツではありますが週に1、2件程度は成約するようになり、今でも順調にアクセス数と売上を伸ばしています。

もう少し早くこのテーマの存在を知りたかった」というのがその時の正直な気持ちです。

今回の記事ではそのテーマ「Diver(ダイバー)」について実際に愛用している私がその魅力、機能、効果について詳しく紹介します。

 

Diver(ダイバー)をおすすめする5つの理由

それではまず「Diver(ダイバー)」のおすすめポイント5つを紹介します。これを読めばなぜDiverがアフィリエイターに支持されるのか、その理由がわかります。

 

1. 簡単な操作でプロ並みのデザインのサイトが作れる

Diver(ダイバー)」ワードプレスを始めたばかりの素人でも、簡単な操作でプロ並みのサイトを作ることができます。

例えば、

  • 読者が思わずクリックしたくなるボタン
  • 口コミ風のコメント挿入
  • 画像を使った会話式のやりとり
  • ランキング形式での商品紹介

 

などなど、これらの機能がわずか数ステップの操作でできてしまいます。

ここで紹介している機能は、「Diver(ダイバー)」で使えるたくさんの機能の中のごく一部ですので、その他の機能の詳細はこの記事の後半でお教えします

 

2. サポートは永久無料

Diverの購入者には無料の「永久サポート」がつきます。

基本的な操作はもちろんですが、HTMLやCSSの使い方などについてもメールで丁寧に回答してくれます。私も何度かサポートに問い合わせていますが、早い時は1時間以内に返答があります。

もちろん、操作マニュアルを完備した専門のデモサイトも準備されているのですが、サイトのデザインに凝り始めると不明点が出てきます。

そんな時にも快く答えてくれるサポートは非常に嬉しいサービスです。

 

3. テーマは無料で常に最新版に更新

一度Diverを購入すれば、テーマの更新は「永久無料」です。

ですので、常に最新バージョンを使用することができます。Diverは今も進化しており、発売が開始されてからも様々な機能やデザインが追加されています。

私が購入してからおよそ半年以上経過していますが、今までにテーマのバージョンアップは6回以上ありました。単純計算しても月に1回はテーマが新たに更新されていることになります。

WordPressのテーマによってはテーマの更新が有料であったり、購入した時点以降でのバージョンの更新はなかったりする場合があります。

その点、Diverは常に使用者の利便性を考え、使いやすいようにバージョンアップをしています。「購入したら終わり」ではないのです。

 

4. 一度購入すればテーマは使い放題

Diverのテーマは一度購入すれば複数のサイトに使っても無料です。

テーマによっては、「一回の購入につき、1つのサイトのみ使用可能」といったものもあります。

しかしDiverの場合、一度購入すれば、例えあなたのサイトが100個あろうとも全てのサイトに使用することができます。

テーマの購入代金は「17,980円」ですが一度の購入料金で使い放題なので、仮にあなたが10サイト運営しているのであれば、1サイトわずか「1,798円」という破格の値段になります。

それ以上になればさらにお得ですね。

 

5. テーマを2次利用してビジネスができる

Diverのテーマを購入すると、サイト作成の請負いビジネスをすることができます。

例えばあなたのサイトのデザインを見て、「こんな素敵なサイトを作ってほしい」という要望があったとします。通常であればテーマの著作権は開発者のものですので、請け負うことはできません。

しかし、Diver(ダイバー)の場合、ライセンス料を支払うことでサイト作成の仕事を請け負うことができます。「あなたのサイトを作成します!」と堂々とお金をもらいながらビジネスができるのです。

他のテーマにはない、珍しい試みの一つですね。

 

「Diver(ダイバー)」の詳細を見てみる

 

Diver(ダイバー)で役立つ機能の使い方10選

ここでは実際にダイバーで使用できる具体的な機能について紹介します。

 

1. AMP対応はチェックをつけるだけ

「AMP」とは「Accelerated Mobile Pages」の略です。

スマートフォンなどのモバイル端末でページを高速表示をさせるためのものです。ページの高速表示化はGoogleのSEO観点でも重要な項目の1つで、今後サイトを作る上で必須の条件と言われています。

この「AMP対応」に苦労しているサイト運営者が多い中、Diver(ダイバー)はチェック1つで対応させることができます。

上の画像のように「チェック」を入れるだけでAMP対応させることができます。

AMP対応は今後しないとそれだけでSEOの順位に悪影響を及ぼします。対応必須の項目なので、ワンクリックで設定できるのはかなり嬉しいですね。

 

2. アピールブロックが簡単に作成できる

Diverではサイトのサイドバーにアピールブロックを簡単に設置することができます。

アピールブロックに設定する内容は自由で、買ってもらいたい商品をアピールしたり、メルマガの読者を募集したり、読んでもらいたいおすすめの記事を載せたりと自由に決めることができます。

上の画像はDiverのデモサイトから拝借していますが、サイドバーの赤枠部分がアピールブロックになります。使い方次第で可能性は無限に広がります。

 

3. 「口コミ」風のコメントが簡単に作成できる

Diverでは口コミ風のコメントも簡単に作成することができます。

色々説明するよりもみていただいた方が早いので、実例をお見せします。

上記のように「口コミ」風コメントを簡単に作成することができます。

商品を買ってくれるお客さんは口コミをよく見て検討する人が多いので、この機能は売上にも大きく貢献してくれることは間違いありません。

 

4. 関連記事の挿入が簡単にできる

Diver(ダイバー)は今まで書いた記事の一覧から指定した記事を簡単に挿入できます。

下記の赤枠内に今まで書いた記事の一覧が表示されますが、好きな記事をポチポチと選択し、最後に「選択したリンクを挿入する」をクリックすれば挿入できます。

<カードタイプで記事を挿入した例>

<リストタイプで記事を挿入した例>

上記のように好きな形で関連記事を挿入できます。

この機能を利用することで読者がサイト内を頻繁に巡回してくれるようになり、PV(ページビュー)数の増加とともに、SEOでも上位表示を狙うことができるようになります。

 

5. ランキング形式での商品紹介も簡単

ランキング形式での商品の紹介もDiverならとても簡単にできます。

フォーマットにそって必要な箇所を記入し「挿入」をクリックするだけで、下記のようなランキング形式の記事を書くことができます。

読者はランキングが大好きです。あなたが紹介したい商品をランキング形式で紹介するだけでも、売上は何倍も違ってきます

もちろん、ランキング順位の根拠は必要ですが、上手に利用することで大きな売上に繋がることは間違いありません。

 

6. CTAを使って読者に商品の購入を促すことができる

「CTA」とは「Call to Action」の略です。

商品の購入やメルマガ読者を誘導するために設置するエリア(主にボタン)のことをさします。

CTA」は記事の直下に設置することが一番反応率が高く、DiverのテーマではこのCTAの設置が簡単にできます。

CTA」は一度作ってしまえばテンプレート化できるので、関連する記事全てに同じように設置することもできます。

読者の反応率をあげるのにシンプルで一番効果のある方法です。

 

7. QA(一問一答)を簡単に作成できる

Diverのテーマでは入力補助機能を使って簡単にQA(一問一答)の作成ができます。こちらも実際に見た方がわかりやすいので、実例を交えてご紹介します。

上記のように、フォーマットに沿って必要事項を埋めていくことで簡単にQA(一問一答)を挿入することができます。

商品を買う時、読者はいろいろなことに不安を感じています。その不安をこのQAを通して1つずつ解決して上げることで、売上は何倍にも変わってきます。

 

8. 豊富な「入力補助機能」で記事を装飾することができる

これまでも「入力補助機能」の一部を紹介していますが、Diverにはまだまだたくさんの機能があります。

上記のように、組み合わせ次第では数百種類のパターンで作成も可能です。

入力補助」機能は、フォームに沿って必要な情報を入力するだけで反応率の高いボタンや、見栄えの良いリストなどをあっという間に作成することができます。

使っているうちに「こんなことも出来るの!」と驚きの連続です。この入力補助機能はテーマのバージョンアップとともにどんどん増えていきます。

 

9. SNSボタンの標準装備

DiverのテーマではFacebook、Twitter、Instagram、はてブなど、ソーシャルボタンが標準装備されています。

読者を集めるのに今もっとも有効な手段の1つはSNSです。記事が拡散された時の威力は凄まじく、1日で数千PVを稼ぐことも珍しくありません。

Diver(ダイバー)では下記のソーシャルボタンが個別記事に標準装備されていることにより、SNSでより拡散されやすい仕組みになっています。

わざわざ自分で設置する必要もないのは便利です。

 

10. パスワードを使い記事の「限定公開」が可能

Diverのテーマではシンプルな操作で記事にパスワードをかけることができます。

会員専用サイトの記事やメルマガ読者限定の記事を公開するには非常に便利な機能です。パスワードを設定した記事は当然パスワードを知っている人しか見れないので「限定性」を出すことができます。

パスワード保護」にチェックを入れ、パスワードを設定し、「公開」をクリックすれば限定公開することができます。

 

Diver(ダイバー)って企業サイトにも使えるの?

結論からいうと少し難しいかもしれません。

アフィリエイト専用で開発されたテーマなので、どうしてもアフィリエイター目線での機能が多く搭載されています。

絶対に使えない」という訳ではありませんが、企業ホームページの作成を検討しているようであれば、別会社で開発されている「AFFINGER 5」がおすすめです。

デザインが美しく、企業の信頼度を高めるのにうってつけのテーマです。

企業向けのワードプレステーマについては以下の記事で紹介しています。興味のある方はご覧ください。

企業のホームページ作成にも使える!有料Wordpressテーマ3選 今回は企業のホームページにも使える、ビジネス用のWordpressテーマを紹介します。紹介できるテーマの種類はまだまだあ...

 

WordPressテーマ「Diver」のまとめ

いかがでしたか?

アフィリエイトに特化したWordpressのテーマ「Diver(ダイバー)」を使えば、簡単な操作で様々なことができることが理解してもらえたと思います。

ここで紹介している機能以外にもまだまだ便利な機能がありますので、気になる方は一度詳細ページを見てみてください。

全然成果が出ない」と悩んでいるのであれば、ブログを諦めてしまう前に一度「Diver(ダイバー)」を使ってみてください。

ほんの少しの先行投資で十分すぎるほどのリターンが期待できるので、ぜひあなたにもその喜びを実感してほしいと思います。

Diver(ダイバー)」を使って、どんどん稼いでくださいね。

 

稼げるテーマ「Diver(ダイバー)」の詳細はこちら