ブログ運営

【収益化】オウンドメディアで広告収入を得る3つの具体的な方法

質問者
質問者

オウンドメディアを作ろうと思っているのですが、作ったサイトでお金を稼ぐにはどのような広告モデルがおすすめですか?

 

オウンドメディアを作りたいけど、どうやったら収益化できるのだろう」と疑問に思ったことはありませんか?

見切り発車でサイトを作ることも大切ですが、「サイトからどのようにお金を稼ぐか」ということを考えておくことも戦略を立てる上でとても重要です。

今回の記事ではオウンドメディアを収益化する方法の1つ「広告収入」について詳しく説明します。

Mino
Mino

オウンドメディアの「本来の目的」についても詳しく説明しているので、最後までじっくりと読んでみてください。

オウンドメディアで広告収入を得る3つの具体的な方法

オウンドメディアで収益化する具体的な方法を紹介します。今回紹介するのは以下の3つの方法です。取り入れるのが比較的簡単な方から順番に紹介します。

広告収入を得るための3つの方法
  1. グーグルアドセンス広告
  2. アフィリエイト広告
  3. 記事広告&レンタルスペース

1. アドセンス広告

広告収入」という言葉を聞いたら誰もがはじめに思い浮かべるのがグーグルアドセンス広告です。アドセンス広告は審査さえ突破しまえば、誰でも簡単に設置することができます。

アドセンス広告には基本的にインプレッション型とクリック型の2種類があります。

インプレッション型の広告は記事に表示された広告の回数により収入が発生し、クリック型の広告は記事を見た読者がクリックすることにより広告収入が発生します。

インプレッション広告の計算方法は少し複雑なのでここでは省きますが、クリック広告は1クリックあたり数円〜数百円程度と幅広く報酬が発生する仕組みになっています。

たった数円?」と思った人もいるかもしれませんが、PV数が増えて、読者が増えてくれば想像以上の金額を稼ぐこともできます。

ブログを書いている人の中には、アドセンス広告だけで月に10万円以上稼ぐ人も珍しくありません。

 

2. アフィリエイト広告

ある程度サイトが色々な人に見られるようになってきたら、アフィリエイト広告を貼るとある程度まとまった金額を稼ぐことができるようになります。

アフィリエイトとは企業の商品をブログで紹介し、読者がその商品を購入したらマージンとして広告料がもらえる仕組みです

アフィリエイトの場合、アドセンス広告とは違って商品が売れなければ収益は「0」です。ただし、商品が売れれば1件につき1,000円〜30,000円ほどの高報酬が見込めます。

ですので、PV数がそれほど多くなかったとしても、ターゲットさえきちんと絞り込めればそこそこの金額を稼げる可能性があります。

パソコン1台で月100万円以上稼ぐ人たちの多くは、このアフィリエイトの仕組みを利用して稼いでいる人ばかりです。

アフィリエイトを始めるにはまずASPと呼ばれるサービスに登録する必要があります。私がおすすめするASPは以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はどうぞ。

https://ownedmedianoie.com/best-asp-company-for-beginner/

 

3. 記事広告&レンタル広告

ある程度のサイトPV数が必要になるので敷居は高くなりますが、商品の記事広告を書いたり、サイトの一部をレンタル広告スペースとして貸し出すことで直接収入を得ることも可能です。

記事広告」というのは芸能人のブログを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。企業が影響力のある芸能人に依頼し、自社の商品をブログの中で紹介してもらいます。

芸能人ブログの影響力は抜群で、たったの1記事で何百万人もの人へ商品を知ってもらうことができるので、瞬く間に人気商品になることも珍しくありません。

人気のある芸能人となると、1つ商品を紹介するだけでも数百万円以上の報酬を得ていると言われています。

これを聞くと「芸能人しか無理なんでしょ」と思うかもしれませんが、実はある程度PV数があるブログであれば一般人でも依頼が来ることがあります。

レンタル広告スペース」はサイトトップページのサイドバーなどのスペースを有料で貸し出すことですが、サイトのPV数があれば月に数万円〜数十万円という報酬が毎月安定して入るようになります。

ただ、何れにせよこちらの方法はPV数が安定的にあること(月に30万PV以上が目安)が条件になるので、オウンドメディアを開設したばかりの人にはあまり現実的な方法ではありません。

 

最終目的は自社の商品・サービスの販売に繋げること

ここまでオウンドメディアを利用して広告収入を得る方法を紹介しましたが、利益率がもっとも高く、安定して稼げるのは自社商品を販売することです。

間に入る人(マージン)がいない分、利益率がまったく違います。

そもそもオウンドメディアというのは「Owned(自社の/自分の)Media(メディア)」という意味なので、本来は自社のブランド向上や商品、サービス販売に繋げる目的で作ります。

オウンドメディアは企業だけではなく個人でも作る人は増えていますが、何れにせよ最終目的は自分自身のブランディングを高めて商品やサービスを売ることに変わりありません。

上記で紹介した「広告収入を得るための3つの方法」がそもそもの目的となってはオウンドメディアを作る意味が薄れてしまいます。

広告収入はあくまで一時的な手段とし、最終目的は自社や自分のブランディングを上げて、商品やサービスを売ることだということをきちんと理解しておきましょう。

 

収益化の方法をイメージしておくのが「成功の鍵」

オウンドメディアの最終目的は「自社の商品やサービスを売ること」と伝えましたが、収益化の具体的なイメージは必ずオウンドメディアを作る最初段階で決めておくべきです。

例えば、自社で開発した販売金額50,000円のツイッターの自動フォローツールを売りたいとします。このツールを売りたい場合、具体的には以下の2通りの方法が考えられます。

  • サイト内で直接販売
  • メルマガに登録してもらった後で販売

金額の高くないものであればサイトで直接販売してもある程度購入者はいるかもしれませんが、たまたま訪れたサイトで数万円以上の料金を支払う人はなかなかいません。

今回のケースの場合、メルマガである程度読者を教育(説得)してからメルマガ内で販売する方が成約率は大きく上がるのです。

あなたが売りたいサービスや商品の金額にもよりますが、金額が高ければ高いほどメルマガを通して販売する方がサイトでの直接販売よりも圧倒的に有利です。

サイトでの直接販売なのか、メルマガ登録してからの販売なのか、どちらの方法をとるか最初の段階で決めておくと戦略が立てやすくなり、最短・最速で成果を出すことができます。

 

オウンドメディアで成果を出すには時間がかかる

オウンドメディアで成果を出すには時間がかかります。最初の数ヶ月はいくら記事を書いても見てくれる人などほぼいません。

本サイト「オウンドメディアの家」も今でこそ多くの人に記事を読んでいただいいていますが、最初の3ヶ月は1日のPV数が「0」ということも珍しくありませんでした。

ドメインを取得したばかりの頃はそもそもGoogleの検索エンジンにサイトを認識してもらえていないので、記事を書いても上位表示されることがまずないのです。

とは言え、今までに一生懸命書いた記事が無駄になっている訳ではなく、6ヶ月を過ぎたあたりからは右肩上がりでサイトのPV数は伸びていきました。

もしあなたもこれからオウンドメディアを開設するのであれば、ほぼ間違いなく挫折するでしょう。

ただ、諦めずに続ければ成果は必ずついてくるので、「オウンドメディアは時間がかかるもの」という意識を心にとどめておくと良いと思います。

オウンドメディアは時間がかかる分、1日でも早く始めることが成功の鍵です。

まだ開設すら出来ていない」ということであれば以下の記事を参考に早速ワードプレスを使ってオウンドメディアを開設してみてください。

1日でも早く始めることが成功のための一番の近道です。

【初心者】WordPressでのブログの作り方!サーバー契約、ドメイン取得、インストール方法を徹底解説 今回の記事ではWordpressでブログを始める方法をわかりやすく具体的に紹介します。「Wordpressを設定...
【2020年】オウンドメディア作りで人気のWordpressテンプレート5選 「オウンドメディアを作るならどんなWordPressテンプレートが良いんだろう?」と疑問に思ったことはありません...
Mino
Mino

最後までお読みいただきありがとうございました!